IMG_5221

【目指せ4耐!】スクールで原点回帰

昨日はHMS(Honda Motorcyclist School)@鈴鹿サーキット交通教育センターでした。 ライダー3名の付き添いで少し見学させていただいたのですが、 見ているだけでもとても勉強になりました。   講習が終わる頃には皆さん上半身の力が抜けて、 下半身を使って乗っているのが遠目に見てもわかりました・・・すごい効果です。   気付くと我流で乗ってしまっているバイク。 サーキットを安全に速く走るためには、こうして初心に帰って 基礎を学ぶことも大切なんだなと実感した一日でした。   帰りに、F1日本グランプリに向けて準備が進む鈴鹿サーキットを見てきました。 空が完全に秋ですね。 季節の変わり目なので、皆様お身体に気を付けてお過ごしください。

IMG_4901

深圳の電気街を散歩

ずっと気になっていた深圳の電気街に行ってきました。   朝一に香港中心部を出発して、電車で羅湖駅(Lo Wu)まで移動。 駅に着いたら表示に従いながら歩いてイミグレを済ませます。 特に難しいこともなく、中国本土へ到着! 朝食を食べて地下鉄で华强路駅(Huaqiang Rd.)まで移動し、早速地上へ。 特に下調べもせずに行ってみましたが、東京の秋葉原や大阪の日本橋とは 比べ物にならない規模でした。               所狭しと並ぶ電子部品・・・ 1階から5階までお店がびっしり。こんな建物がいくつもあります。               生産終了品、長納期品・・・ 海外流通品のほとんどがここに集結しているのではないでしょうか。   一見、店舗ごとに分かれていますが、実際は建物(というよりは地域?)がひとつの お店のように機能しており、たまたま入ったお店に置いていないものでも、 店員さんが別のお店から引っ張り出してきてくれます。   その場で売るのではなく、海外に発送するために街全体が倉庫となっているような印象です。   部品の管理ですが、湿度管理をちゃんとしているところもあれば、 リールにドライヤーを当てて、型番のシールを剥がしているところもありました。 電子部品の上でお弁当を広げて食べている店員さんも多数おり、これには社長も苦笑い。   見るのが少し恐ろしくなったところでお散歩終了。   展示会と思って見学する分には楽しいところでした。  

IMG_5155

【目指せ4耐!】9月17日の初練習

8耐から早2ヵ月。だいぶ秋めいてまいりました。   ミカサ貿易の西村がオーナーを務めさせていただいている レースチームですが、なんと最年長が26歳! 知識や経験が少ない分、若さでカバーして頑張っています。   初練習は9月17日でした。 大型台風が迫る中、前夜から鈴鹿入りし、一番乗りでピットへ。 三連休の中日なのに誰もいない・・・!   結局、下見走行の時点でうちのチームを含めて2台。 そして大型はデイトナだけだったので、実質貸切! 午後からは完全に1チームのみだったので、朝から夕方まで常にクリアラップ! マシンのセッティングや貴重なデータの収集もでき、贅沢な初練習となりました。               また、高橋裕紀選手がアドバイザーとして来られていたので、 少しお話しさせていただきました。               課題はまだありますが、ここまで来れて一安心。 これからも頑張ります!  

SONY DSC

【’17 鈴鹿4耐&8耐】観戦してきました!

  こんにちは。社長の西村です。   先週末は、 2016-2017 FIM世界耐久選手権最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 鈴鹿4時間耐久ロードレース<ST600> ・・・を観戦しに、鈴鹿まで行ってきました!   今年は素敵なご縁にたくさん恵まれ、なんとパドック側からの観戦!! 憧れの世界を目の前に、終始興奮していました。 個人的に一番の憧れである、秋吉耕佑選手にもお会いでき、 一瞬全てがどうでも良くなったのはここだけの話です。 ミカサ貿易として本格始動して早4ヵ月。 新しいことを勉強しない日が無いというくらい、全てが初めてで、 この気持ちをこれからも忘れずに頑張りたいと、鈴鹿で再確認できました。   来年の鈴鹿4耐出場を目指して・・・ まずは日々のお仕事頑張ります。   西村  

IMG_4336

2&4走行会へのご参加ありがとうございました!

  日曜日は鈴鹿ツインサーキットGコースにて 2&4走行会 with 立命大ZERO/龍谷大Air/(株)ミカサ貿易を 開催させていただきました。 ご参加いただきました皆様、お疲れ様でした。 楽しんでいただけましたでしょうか?   梅雨入り直後。週間予報ではぎりぎりまで雨マークがついていましたが、 当日は一滴も降られるどころか、午後からは快晴でした! 当社スタッフも一緒になって楽しませていただきました。 今回ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、 本当にありがとうございました!   西村

IMG_4155

6月11日(日) 鈴鹿ツイン2&4走行会開催のご案内

こんにちは。ミカサ貿易 社長の西村です。   SNSを通じて、既にご案内させていただいておりますが、 6月11日(日) に鈴鹿ツインサーキットGコースを貸し切って 2輪&4輪の走行会を開催いたします。     既に多くの方から事前申し込みのご連絡をいただいており、 晴れ女としては、相当プレッシャーを感じております(汗)   4輪フリー走行/2輪フリー走行、いずれもお一人様10,000円で、 各クラス若干空きがあります。(※当日参加はお一人様12,000円)   2輪はツナギ不要、先導走行ありのクラスもございますので、 安心してサーキットデビューもできます。   また、見学や同乗走行者様は2日前までのお申込みで入場無料となりますので、 ぜひぜひこの機会にご参加ください。    

IMG_1705

サーキット走行会のサポート。

走行会・モータースポーツイベントのサポートを通じて 「若者のバイク離れ」を防ぐための様々な活動もしているミカサ貿易です。 年2回、鈴鹿ツインサーキットにて立命館大学バイクサークルZERO様と共同でサーキット走行会を開催しております。 この第3回はなんと、「一日5000円」で走行可能な、 非常に格安の走行会となっており、多数の学生/社会人の皆様にご参加いただきました。 弊社は運営及び契約面のサポートをしております。 スタッフのバイクを輸送したりしました。 6.2t積載のパワーゲート付きトラックで運んでいます。 ナンバープレートが大判! スタッフが新名神高速道路の左車線を延々と走って鈴鹿へ向かいます。 延々と、といってもわずか1時間半くらいですが・・・ そして到着! 既に朝早くから参加者が集まっています。 大体、朝イチは雨のことが多いです。いったい誰が雨男なのか・・・ 社長のバイクもピットロードで準備中。 トライアンフのデイトナ675というバイクです。 新導入、タイヤウォーマー! 冬場はタイヤを温めて転倒を防いでくれる優れものです。 発電機が必要なのが面倒ですが・・・ そして走行スタート! 弊社スタッフもGSX1300R隼で快走しています。 バンクさせすぎるとカウルを擦るのが難点。 通勤用のスクーターでもガンガンサーキットを攻めます! これは台湾のPGOというメーカーの、Tigra150というスクーターです。 水冷の150ccでとても速いです・・・ これは第1回の写真ですが、なんと昼の四輪走行枠ではトランポがサーキットへ!! ハイエースがインリフトしながら鈴鹿ツインのヘアピンを走ります。 見ている側はヒヤヒヤものでした。 最後の枠では生憎の雪模様に! そんな中でも最後まで走り続けた猛者の方。 やはりスズキ乗りは熱い人が多いです。 この方は特にSV400という、特にスズキらしいバイクにお乗りの方。 おまけで6.2t積載トラックの運転席です。 回転数は2500回転ほどでレッドゾーンへ。 ハザードランプは左手のレバー。 排気ブレーキと間違えないように要注意です。 最大積載量6.2t、総重量11t。 ということで、見た目は4tトラックですが ある程度の年齢の人の普通免許(8t限定中型免許)では乗れません。 限定なしの中型免許が必要です。

IMG_0609

台湾山間部/奮起湖というスポット

ミカサ貿易が得意とする台湾山間部。 今日は台湾山間部の奮起湖をご紹介します。 奮起湖へのアクセスは・・・ ・嘉義から阿里山森林鉄道でとことこ。「軽便鉄道」というやつです。 ・自動車、バイクで・・・阿里山エリアから阿里山公路で西進、若しくは嘉義から東へ。 我々の場合は高雄から那瑪夏区を経由して、茶山部落を経て龍美から阿里山公路へ入るというルートが多いです。 茶山部落のルートは途中地震で崩落した道路などがあってオススメはしませんが、 こういったフラットダートがあったり・・・ 茶畑を抜ける林道を経由したり・・・ もちろん、台湾山間部なので茶業が盛んです。 この「茶山部落ルート」の利点は、高雄から台湾山間部までほぼ一直線、距離のロスが少ないことにあります。 朝出れば昼には到着できるのが大きなメリットです。 ※もちろん、観光バスがガンガン走るようなメインルートもあります。 そして!到着したのがこの奮起湖です。 「奮起湖老街」という古い町並みが広がります。決して広くないですが、この味わいある街並みが奮起湖の魅力です。 これが奮起湖の商店街。ゆっくりと時間の流れる、落ち着く街です。 阿里山森林鉄道の事実上終点ということもあり、日本人観光客の姿が見られることも。 ここでは天然の愛玉が味わえます。 「天然」を見分けるコツは、一晩おいておくこと。一晩おいておくと天然物は液体に戻ってしまいます。 老街のはずれ。犬や猫が昼寝している・・・雰囲気がうまく伝わるでしょうか! そして、奮起湖といえば外せないのが「奮起湖大飯店」の弁当! 価格は120元ほど。 昔ながらの弁当です。ちなみに、この弁当箱は持ち帰られませんが、 ステンレス製のレプリカが購入可能です。(値段はまた調べておきます、、、) 中身はこんな感じです。日本人でも違和感なく食べられるおいしい弁当です。   そして、日本語しかわからない方も安心! 奮起湖大飯店では日本語によるガイドツアーも実施されています。 (予約時要確認) そして奮起湖大飯店には・・・なんと檜風呂があります。 お見苦しいものをお見せしましたが、結構味のある浴槽でした。

11535859_870122266401508_7366507657296062200_n

春です!台北AMPAです!春茶です!

春と言えば、桜・・・は勿論ですが、 毎年4月は Taipei AMPA(台北国際自動車部品展示会)が開催されます! 併設でモーターサイクル関係も。 弊社は参加が欠かせない展示会です。 社長とスタッフの2名で台北に飛びます。 そしてもう一つ! 台湾の高山茶も春から出荷が本格的に始まります。 凍頂烏龍茶といえば聞いたことがあるのではないでしょうか? 非常にフルーティかつ上品な香りと味わいのお茶です。 日本ではなかなか「本当に美味しい」台湾の高山茶には巡り合えないのですが、 生産地現地に行けば選り取りみどりです。 例がこちら、「梨山茶」 高度2300m以上の茶畑で取れる茶葉だけを集めた茶です。 他にもグレードがいくつかあり、「高度が上がるほど」高級な茶葉となります。 (下にある茶葉は普及品の茶葉です・・・普段使い用) 日本で購入すると、この200gで15000~20000円ほど。 産地で買うと・・・驚きのPriceです 台北で買うと・・・200gで1万円ほど(たぶん)   ミカサ貿易は台湾の高山地帯を得意としています。 台湾の埔里をベースに、どんどんバイクで山を上がります。 こちらは ゲストハウス・プリ 様(埔里滞在時はここに泊まります…日本人オーナーが居られます) 埔里から1時間!霧社を超えて、林道に入ります。 ここが林道の入り口の看板。 そして、こちらが林道の入り口。 「道路事情が悪いので、違う道を通れ」という旨の表示。 どれくらい悪いかというと、、、 マジェスティSではなかなか苦しい! 雨が降るとこんな感じです。 ちなみに高度はここで2500mくらい。 まだあと800m以上上ります。 途中の分岐、紅香部落。 この部落に進むと、温泉があります。 ダートなのかコンクリート舗装なのか・・・ そして!この辺りに茶畑が多数! 日本人は本職のバイヤーでもなかなか来ないのではないでしょうか? この辺りで高度3300mです。 流石に空気が薄いし、南国台湾といえど「寒い」です。 ミカサ貿易は都市部だけではなく、 地方部や山間部も得意としています。 「自走で辿り着ける」というのが強みです。