【欧州ドライブ】本場のフレンチフライを求めて80キロ(ベルギー編)

   

あまりにも空腹で、心を無にして西へ走ること80km。

ベルギーのザンクトフィートで良さげなレストランを見つけたので入店!

フレンチフライとお姉さんおすすめのスペアリブ、コロッケをオーダー。

ベルギーはオランダ語、ドイツ語、フランス語が公用語なので、

お店のメニューも上記+英語の4ヵ国語でした。

スープ、スペアリブ、コロッケ…どれも美味しい😋

そして最後に登場したのが絶対に食べたかったフレンチフライ!

本場のフレンチフライはカリカリほくほく!

油っぽさが一切無く、いくらでも食べられてしまう…

牛脂で二度、それぞれ違う温度で揚げているのがポイントらしいです。

ちなみにフレンチフライという名前の由来は、  

第一次世界大戦時にベルギーに駐屯していたアメリカ兵が

“フランス語圏”で食べた”フライドポテト”を

フレンチフライと名付けたため…

間違ってはいないけど、紛らわしい。

食後、甘いものを探しに街を散策。

パン屋さんでチョコとグミを購入!

ベルギーといえばチョコレートというイメージですが、

実際ベルギーでは年間22万トンものチョコレートが作られているそう(*_*)

そういえば今回寄ったどこのパン屋さんでもショーケースに

チョコレートが並んでいました🍫

   

そしてベルギーでもう一つ気付いたのが、大麻ショップの存在。

ザンクトフィートは小さな田舎町ですが、2軒ほどそれっぽい看板を

目にしました。

確認したところ、ベルギーは大麻の個人使用を禁止する法律が無いとか…

でも所有は一人3gまで…

   

要するに、グレーゾーン😅

   

今度は安い軽油とワインを求めてルクセンブルクへ🚗

  

次回は ルクセンブルク編 です☞

    

One thought on “【欧州ドライブ】本場のフレンチフライを求めて80キロ(ベルギー編)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *